研ぎ技術

- Apr 07, 2019-

1.切れ刃は研削砥石の表面と同じ高さでなければなりません。 ドリルビットを研削する前に、ドリルビットの主切れ刃と砥石車の表面を水平な面に置きます。 すなわち、刃先が砥石面に接触したときに、ブレード全体を研削する必要があります。 これがドリルビットと砥石車の相対位置の最初のステップです。 それを置き、次に砥石車の表面にゆっくりともたれかかります。


2.ドリルの軸は研削砥石の表面に対して60°の角度で傾けてください。

この角度はドリルビットの正面角度です。 この時、角度は間違っています、そしてそれは直接ドリルビットの上の角度のサイズと主切れ刃の形と横の刃の斜角に影響するでしょう。 主軸と砥石表面の位置関係は次のとおりです。 60° この角度は一般により正確です。 ここでは、研ぐ前にドリルの相対的な水平位置と角度位置に注意を払う必要があります。 両者はバランスが取れているべきです。 振り子の角度を無視してエッジを平らにしたり、フラットエッジを無視したりしないでください。


3.刃の端から後ろを研ぎます。

切刃が研削砥石に接触した後、それは主切刃から後部に研削される、すなわち、研削砥石は最初にドリルビットの切刃から接触され、次にフランク面全体に沿ってゆっくりとフライス削りされる。 ビットを切るときは、砥石にやさしく触れ、最初に少量のシャープニングを行い、火花の均一性を観察し、手の圧力を適時に調整し、そして冷却に注意を払うことができます。ドリルビットは、それが過剰に発射されることができないように、刃先の変色を引き起こします。 そしてアニーリングの端まで。 刃先温度が高い場合は、ドリルビットを時間内に冷却する必要があります。


4.ドリルの刃先を上下に揺り動かし、ドリルの尾を持ち上げないでください。

これは標準のビット研削動作です。 主切れ刃は砥石車の上で上下に揺動します。つまり、ドリルビットの前面を持っている手が砥石車の表面でドリルビットを均等に上下に揺らす必要があります。 グリップの手が揺れないだけでなく、後部ハンドルが上向きになるのを防ぎます。つまり、ドリルビットのテールを研削砥石の水平中心線より上に上げることはできません。切る これは最も重要なステップです、そしてドリルビットは善と悪です、そしてそれはそれと関係があります。 研削がほぼ同じであるとき、刃先から始めて、刃の後ろをより滑らかにするために静かに後ろの角をこする。