タップ酸化処理

- Mar 07, 2019-

酸化処理は、高速度鋼線を500〜550℃の水蒸気中に入れてその表面にFe 3 O 4被膜を形成する表面処理方法である。 酸化処理は高圧水蒸気処理とも呼ばれる。


酸化鉄には、FeO、Fe 2 O 3、Fe 3 O 4の3種類があります。 FeOは570℃以上でしか形成できないため、高速度鋼コーンの表面処理層には存在しません。 タップの表層にはFe 3 O 4(黒鉄)とFe 2 O 3があります。 2種類の赤鉄があります、そして、後者はタップの被削性に利益をもたらしません。 高品質の表面処理の後、タップの処理された層はFe 3 O 4フィルムで、外観は綺麗で、青黒く、そして表面層の厚さは1〜3μmです。