製粉方法

- Apr 07, 2019-

ワークを送る方法とフライスの回転方向は2通りあります。

1つ目はダウンカットです。 フライスの回転方向は切削の送り方向と同じです。 切削の開始時に、フライスカッターはワークピースを噛み、最後のチップを切削します。


2番目のタイプはアップカットミリングです。 フライスの回転方向は、切削送りの方向と反対です。 切削を開始する前に、フライスはワークの上を滑らなければなりません。 切断厚さはゼロから始まり、切断厚さは切断の終わりに達します。 最大。


三面ミーリングカッター、一部のエンドミル加工または正面ミーリング加工の場合、切削力の方向は異なります。 正面フライス加工では、フライスはワークのすぐ外側にあり、切削力の方向に特に注意する必要があります。 フライス加工時には、切削力によってワークピースがテーブルに押し付けられ、切削力によってアップカットフライス加工中にワークピースがテーブルから離れます。


ダウンミリングの切削効果が最も優れているので、通常はダウンカッティングが好ましい。 機械にねじ隙間の問題またはダウンミーリングでは解決できない問題がある場合にのみ、アップカッティングが考慮されます。


理想的には、カッター直径はワークピースの幅より大きくなければならず、そしてカッター軸は常にワークピースの中心線からわずかに離れているべきです。 工具を切削中心に当てると、バリが発生しやすくなります。 半径方向の切削力の方向は、刃先が切削に出入りするにつれて連続的に変化します。 工作機械の主軸が振動して損傷する可能性があります。 刃が割れる可能性があり、機械加工面が粗くなります。 フライスは中心からわずかにずれて、切削力は変動しなくなります。 - フライスは予圧を受けます。 私達は中心の製粉を道の中心に運転することができる。


フライスインサートが切削に入るたびに、チップの断面、加工物の材料および切削の種類に応じて、切削刃は衝撃荷重を受ける。 切り込みと切り出しの際には、刃先とワークピースが適切にかみ合うことができるかどうかが重要な方向です。